main
オフィシャルブログ

重ね葺き(カバー工法・スレート〜ガルバリウム鋼板)北区・豊島区・新宿区・文京区

こんにちは!スマイル君こと武石です!

先週に続き、今週も屋根カバー工法(スレート〜ガルバ)の工事が完了しましたのでご報告させていただきます。

今回は築年数が20年近く経過したスレート屋根のお客様でした。

2004年より前に建てられた家(築17年以上)のスレート屋根にはアスベスト(石綿)が使用されています。

アスベストの屋根材を処分する場合、通常の屋根材と比べて3〜4倍の処分費がかかる上に近隣に飛散しないようにしっかり対策をする必要があります。

屋根カバー工法なら今の屋根材の上に施工ができるので上記のようなリスクを回避することができてとてもオススメです。

しかし、何でもかんでもカバー工法にすれば良いわけではなく、屋根の下地(防水シート)が劣化している場合にはカバー工法ではなく下地の張り替えや補修が必要になります。その場合には葺き替えと言って屋根材を下地ごと交換する工事が必要になりカバー工法よりは工事費も高くなってしまいます。

家の屋根は普段見ることも少なくメンテナンスを怠りがちな部分になりますが、マメにメンテナンスをすることによって工事を最小限に抑えることができて結果的に費用の削減に繋がります。

現在まごころ工務店では、お客様宅の無料調査の依頼を多数いただいております。

きになる方は是非お問い合わせください!お待ちしております!!